調布市の英語教室・英語塾 ハッピーアップルズHappy Apples のブログ

年中で英検5級合格、年長で英検4級合格、小学3年生が1年間で英検5級&4級&3級合格、中学1年生が6ヶ月間で英検5級&4級&3級合格!3才から高校生対象の英語教室・英語塾です。

Top Page › 小学生レッスン › 子どもの発音指導の工夫
2020-07-18 (Sat) 15:45

子どもの発音指導の工夫

小学生に

英語の発音の仕方を教えるのは簡単ではありません。


例えば ”l”の音の出し方を教える時、

「下の先を上の歯のつけ根あたりに押し付ける」

と言ってその通りやって見せても、

あごの断面図などの絵で説明しても、

英語に慣れていない子はその口の形が真似できません。


子どもにとって口の形を真似るというのは

大人の想像以上に難しいことのようです。


f、v  の発音の説明で

”上の歯を下くちびるの内側につける”

とやって見せても

子どもたちは逆に下あごを突き出して

下の歯を上の唇につけたりしています。


今まで意識したことがないから、

”舌の先”とか、”下のくちびる”っていきなり言われても

自分の口の中のことだけども

どこなのかピンとこないようです。


ですので、

発音の仕方を教える時の手順。

まずは、

子どもの指先を子ども自身で除菌シートで拭いてもらいます。

それから私がその子の手を動かしてあげて

”舌の先”、や ”下唇” ”下の歯”など

”ここよ”と子どもの口の中を

その子自身の人差し指で触ってもらいます。


そうするとようやく”どこをどこにつけるのか”を

わかってくれます。


でも今はコロナが怖いので

お互いあまり接近しないほうが良いし、、

口の中を触るにも

新しい割りばし等使う方がいいですね。

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-07-18

Comment







非公開コメント